雑魚リーマンがなんやかんやで小説家になるまでのブログ

凡そ社会的地位の無い30代男性が小説家を目指す為のブログ

七草粥を食べていない。

第三十七代外宇宙内在意識同化思想研究会筆頭主長を拝命するに至った、宮園クランです。




しくじったと言わざるを得ない。それではご覧ください。

去る1月7日において。

私は目下テレワークなのでした、自宅で仕事をしている中、本記事タイトルである七草粥の存在を忘失していたべくもないのですが、ともあれ事実結果を述べたならば、食べれていないです。



皆様ご存じ、そもそも1月7日に七草粥を食べるという習慣は人日(じんじつ)の節句の行事食に由来するもので、その日の朝に「春の七草」が入ったおかゆを食することによって一年間を無病息災で過ごせるとされております。



せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ、これぞ七草って奴ですね。



中身の伴っていない旧習とは異なり、冬に不足しがちなビタミンなりを補える理にかなった栄養食ではあるのですけれども、食べる事が出来ませんのでした。。

よくよく考えたら詰んでた。

前述にある通り、七草粥は 朝 に 食べる事が正解らしいです。



クランは基本的には朝食を摂りません、左様なルーチンが故に、そもそものハードルが高かったと言えます。



平日においては昼食も抜かす事が常々ありまして、あります理由といたしましては決して食欲が無い訳では無い(むしろ空腹であることが多い)のだけれども、何かを食べると眠くなってしまう為、眠くなると業務が捗らなくなってしまう為、敢えて食べない事が多いのです。



その反動で夕食はバク喰いしてしまいがちなのも体重増加の一環であるかも……しれないとか??

不実に終わったことを嘆かない。

これは、これに限ったことじゃあないのですが、出来なかったことをグダグダ引き摺るのはあまり生産的でないと、思うのです。



反って省みる行為は、若ければ若いほどに有効なセルフコントロールなのでしょうけれど、とっくの昔に成人を迎えていてある程度自己の形成が確立された人間という存在は、一部例外を除いて簡単に変われるものではないという、そんな持論。



もっとぶっちゃけて言うなれば自分はそんなキャラじゃないというか、どれだけ綺麗事を並べてたとしても結局の所「無理なモノは無理だし嫌々やるくらいならやらずにやりたいことをやりたいだけやる」的な性根あるいは芯の持ち主なので、むしろ次出来れば良いやくらいのノリが大切なのだと考えてしまいます。



本件においては栄養調整において大事な七草粥を食べるというタスクを実現出来なかっただけでしかないとしても、それを補う意味でこれから更にビタミン摂取(野菜をたくさん食べる)だとか糖質制限(偏った食事をしない)だとかで改善をしようと思えば出来る訳ですしおすし(必ずやるとは言っていない)



なんだか言い訳みたいってか言い訳にしか書いている本人も思えないのですけれどもしかし、最善の行動を最短最速で取り続けるというのもしんどい(つーかクランには100%無理)ので、過去を嘆かず未来をちょっとでも良くしていきたいなぁという現在を大切にしていきたいものですね、えぇ。。。

終わりに。

昨日より唐突に再開したブログですが、何なら内容は食べ物のことばっかでアレですが、これに関してもあまり凝った内容ではなくその日その時思いついたままのことをなるべく脚色なくつらつらと書いていければと思っております。



ある種のリハビリ、もとい文書を書く習慣の回復を企てている訳です。近頃インプットは割と頑張ってはいるものの、アウトプット並びに出力行為がおざなりになりすぎていてどうにかしたいなーっていう悩みの解消に他なりませんから。。



だからこそ、何も考えずほぼほぼ直球で書き殴りにも近いチラシの裏の走り書きにも近い(そういえば昔と違ってスーパーなり家電量販店なりのチラシって両面刷りがデフォルトになってる気がします。今の子供はあえて自由帳やコピー用紙にお絵かきをしているのだろうか??)誰にも好影響を及ぼさない無味な記事内容に落ち着きがちかもしれないですけれども、とりあえず飽きるまで暫くブログは更新し続けようと思います。



毎日更新の枷は架しませんが、出来れば毎日更新したいなぁとかいう儚い目標の下に。。。



本日もお時間をいただきありがとうございました。