雑魚リーマンがなんやかんやで小説家になるまでのブログ

凡そ社会的地位の無い30代男性が小説家を目指す為のブログ

ブロガーバトンなるものをいただきました。

埒外にヤバメな奴が存外マトモだったりする反面それなりに普通な奴がどこまでも異常な奴だったりする事象は単に気が付いていないだけでそこかしこにはびこっていたりするのだけれども専らそれを地で行く存在が自分自身であることを改めて実感し言わずもがな前者ではなく後者であり錯綜する錯覚を自覚し知覚したところでいきなり覚醒できるかと言えば勿論そんなことはなくてより一層自尊心は破壊されており正の感情は彼岸の彼方へ消し飛んでおり今何故自分が生きているのか何の為に日々を過ごしているのか分からないし分かりたくも無いし目も耳も口も全部塞いでそのまま堕ちていった方が楽に思えるもやっぱりそれも出来なくて当たり前であることにもっと感謝し「ありがとう」という気持ちを持って一日一日を大切にしていければ良いなぁとか思う訳なんかはやっぱり無くてそこまで人間出来てないし立派じゃないし自他共に認める屑が屑の中の屑オブ屑がそう簡単に変われるかよと毒舌豊かに敵愾心を剥き出しにする元気すら失われている今はとりあえずちょっとしたことをちょっとずつでもいいから地道に愚直にこなしていきながら時の流れに身を任せて傷が癒えるのを待つしか無いなぁでも待っているだけじゃ退屈だしそもそも待つこと自体あんまり好きじゃないってかむしろ嫌いだから閉塞感に一石を投じる意味でもじゃあ久々にブログ書いてみるかって書き出した矢先既に前置きの時点で原稿用紙一枚分くらいになっている事に驚きを隠せないながらもこのクッソ無駄に長い前置きが当ブログの数少ない特色の一つでもあるしかつてはこの部分を楽しみに足しげくアクセスしていただいていた読者様もいたのだからまぁいっかと楽天的な感じである、宮園クランです。




f:id:miyazono-9ran:20200817110012j:plain




いただいたものはかえさなかえればいけない。それではご覧ください。

バトン受領。

トップ絵にある履歴書的な奴を、懇意にしていただいているタコスカさん id:kefugahi からいただきました。
 


www.genkotsuyama.work



いつもコメントやブクマをいただくだけには飽き足らず斯様な名誉ある何かを託されたからには、やらざるを得ませんよね、えぇ。

コンテンツ記載。

でまぁやってみた結果が、こんな↓感じ。


f:id:miyazono-9ran:20200817110657j:plain



「一番古い記事」


www.miyazono-9ran.work



「お気に入りの記事」


www.miyazono-9ran.work




うーん・・・・・・なんていうか、なんでしょうね。



なんの面白みもない内容だなぁって(呆れ)



しかも最後のひとことタイプミスで日本語バグってるし。。

パス断念。

さてさて次に回したい人に関しましては、誠に遺憾ではございますが“無し”でお願いします。



クランみたいな奴から回ってきても嬉しい事なぞ一つも無いでしょうしそこまで交流のあるブロガーさんが多い訳でもありませんし一方的に仲が良いと思っている方が実は向こうからするとそうでもない事実が発覚しちゃえば発狂確実でしょうしバトンを回された時にも無理に後続につなげなくても良いと言われておりますし、いいっすよね・・?(弱気か)



いやー、だってさぁ! こういう系って反応貰えてなんぼじゃないですか?



よくSNSのハッシュタグにもフォロワーさんに反応してもらえる系の奴が多々あるけれども、前に一回やってほぼ反応ゼロだったからね??



承認欲求の化け物である私からすればですよ、いやさ普段定期的に絡んでいるフォロワーさんが殆どいないのだから反応がなくて当然である自明の理的な事実は分かっていたとしても、死ぬほどダメージを喰らうのは避けたい訳ですよ!!(魂の叫び)



リアルでもネットでもコミュ障なのマジで治したい・・(治すとは言っていない)

終わりに。

記事と全然関係ないですが、本日の京都は殺人的な気候でした。



暑いの苦手なんですよねぇ・・寒いのも然りだけれども。。



一番好きな季節は秋だけど、すぐ終わっちゃうのが残念なのですよ。。。



本日もお時間をいただきありがとうございました。