雑魚リーマンがなんやかんやで小説家になるまでのブログ

凡そ社会的地位の無い30代男性が小説家を目指す為のブログ

2019年度お世話になった方々について綴ってみる。

R-typeの3面がどうしてもクリア出来ない、宮園クランです。







結びには早いかもですが大目にみてくれろ。それではご覧ください。

出会いに溢れていた一年間。

今年の1月の末頃、一念発起した私は当ブログを開設し、快適なブログライフのスタートを切りました。


その恩恵として、圧倒的にコミュ症なクランにもネットを介してたくさんの人達と知り合う機会が増え、あまつさえ現実世界で実際に会って交流を深めるまでに至りました。


今回の記事は、そんな素敵な人達をご紹介していく内容でお届けしますのです。。。

豚キムチさん

ブログを始めた当初、右も左も分からなかったクランに対して色々教えてくれたりよくしてくれたりした方。


年が10こ以上離れているにも拘らずタメ口で接するのは、決して下に見ていたりナメているのではなく親密感があるが故だったり。


記事や呟きを眺めるだけでは死ぬ程病んでいる内容だけれども、実際に会うとそうではなくて、普通の気の良いおっちゃん(そしてダンディ)


もうすぐ終わりという名のゴールが近いそうなので、めげずに前へと進んでいただきたい次第なのです。。

NICKさん

界隈における大物yutuberの地位を築きあげた、尋常ならざる行動力の持ち主。


並大抵ではない情熱と執念をギャンブル根絶へと向けるかつて当事者だった彼は、リアルでは甘いマスクと美声を有する颯爽とした出来るサラリーマン風の男性でした。


クランが貧に困してくたばりかけていた時、根気強く会合の場へと誘っていただき、それだけにとどまらず物理的な支援までもいただいたことは、例えや比喩ではなく一生の恩義として一日たりとも忘れはしません。


彼の援助あっての、今現在なのです。重ねて、感謝しております。。

前向きツヨシさん

馴れ初めは同属性のブログから延長線上でSNSでも交流が深まった方。


年齢を感じさせないダンディさに加えて美味なる焼鳥を生み出す両腕の持ち主ながらも、スイッチが入るととことんまで逝ってしまうブッ壊れ具合と実は臆病で傷つくことを恐れる内面に共感したからでしょうか、界隈から離れてはいるものの未だに接点のある内の一人。。


紆余曲折あってなるべく明るく振舞っておられるようですが、無理しすぎてつぶれないかどうか心配ながらも、さしでがましく心配しすぎるのもアレかと思い積極的に絡みに行っていない状況ではありますが、大体いつも見てます(ネットストーカーか)


久しく彼の振舞う馳走を摂取していないので、タイミングが合えばまたお店に行きたいのです。。

トミーさん

界隈のナンバー2(と勝手に認識)


夜釣りをこよなく愛し、当事者だったこともあって同じ悩みに苦しむ方を救済すべく日々活動されておられる聖人の一人(と勝手に認識)


一体いつ寝ているんだと疑問が沸くぐらいに大体起きていて、実はテレビ出演を果たしている実績を持つ彼は、SNS始めたての当時気がつけばフォローをしていただいており、その節ではたくさんお世話になった方でもあります。


その独特な喋り方は何も知らない方からすれば「ひょっとして何かキメてるのかな」であったり「ディズニーの黄色い熊のモノマネをしているのかな」なんていう感想を抱かずにはいられない柔らかい口調であり、これからも我が道を奔走していただきたいと陰ながら応援しておりますのです。。

mimiさん

当事者の家族という立ち位置にいた、面倒見の良い中国地方在住のおねえさん。


衝動に対し発狂していたクランに対し、厳しくも暖かい叱咤激励を何度かいただいた経緯があって、泥沼から片足を抜け出せたその節は、本当に感謝しております。


何度かキャスでお話したこともあって、良い人感がにじみ溢れていたので、お子様も自立されたこともあって、これからはよりいっそう幸せになっていただきたい。


広島に行くことがあった際は、是非ともご挨拶にお伺いさせていただきたいので、宜しくどうぞなのです。。

beroさん

界隈の大御所且つナンバーワン(と勝手に認識)


ネットを通して活動を続けられており、当時のクランも色々と良くしていただいた方で、数回お話したこともございました。


ただ、フォロワー数が膨大になったが為の雑音(ノイズ)にかかわずらいたくなかったのと、その中でもどうしても生理的に無理な人間が増加の一途を辿ったが故に、今は皆無に交流が無いながらも、全てを包みこみ許した上で共に前へと進んでいこうとするその姿勢は、立派過ぎて頭が上がらないのも確固たる事実。


今月末に遠征で関西まで来られるそうですが、一言ご挨拶にだけ伺おうかなどうしようかな等と汲々としておりますが、行く行かないは置いといて、これからも無理をし過ぎない程度に頑張っていただきたいです。。

あんどれちゃんさん

IQがかなり高く、それでいてメンタルの化け物とかいうハイブリット的存在。


常人であれば廃人となり再起不能に陥る事必至な経験があるにも拘らず、今やそれを微塵に感じさせずにマッチングアプリに精を出す男の中の男。


年齢が近いこともあって、今も常々仲良くさせていただいております。


住んでいる場所の距離は多少遠いながらも、遊ぼうと思えば全然想定内な位置関係なので、こっちに来たりあっちに行ったりする際はまたカラオケに行きたいものなのです。

悠斗くんさん

曰く、いいねの最終兵器(と勝手に命名


彼自身、自らが積極的に呟くことはないながらも、界隈では寡黙を貫きそれでいてキャスではめっちゃ発言するという二律背反に支援層の厚みは計り知れません(いや何言ってんだコイツ)


実際お会いした数少ない一人である彼は、幼さの残る気の良い青年でした。


未だにいいねを押してくれる彼にも、来年はもっともっと幸せになって欲しいと願っております。。

ちきくんさん

宮園クラン公認の弟的存在(と勝手に断定)


正直、プライベートの一切がベールに包まれていて、確固たる人物像が思い浮かばないながらも、界隈で知り合って、且つクランが物凄く沈んでいた時に救っていただけた恩があります。


最近見てませんが、元気にやっていてくれたらいいなぁと思いながらも、背負う枷に押しつぶられてなきゃいいのになと心配。


あと、ご尊顔を見る限り、ジャニーズ事務所所属かよ君ってぐらいに、ベイビィなフェイスの持ち主です。。

禁さんさん

SNSフォロワー様の一人。


彼が稀に公開する鉛筆画は見事の一言であり、誰彼構わず察しすぎず案じすぎない心地よい距離感にて回りを癒してくれる存在(だと勝手に認識)


宮園夏のフォロブロ祭りにおいて、界隈関連でどうしても外すに外せなかった彼は、それ以外の呟きでもひたむきにいいねを押してくれるのできっと良い人なのだと思います。


それとこれは勝手な印象ですが、めっちゃ喧嘩強そう。。。

むざわさん

まど2と7'sTVをこれみよがしに愛する、緑風を纏う天女(だと洗脳済み)


性別を凌駕し高と低を行き来する美声が織り成す躍動具合は、カラオケボックスにて一同に付すことで実感が可能です。


公に出ない共通点が多すぎて親近感が増して、今や日の三分の一をライン通話にて共有するぐらいには親密(だと勝手に認識)


ただし三半規管がクソザコナメクジなので乗り物が弱点、あと無駄に卓球がうまい(と予想)

りつさん

バンドマンかどうかは不明ながらも、楽器が演奏出来るイケメン(だと脳内変換済み)


界隈で死にかけている彼をどうにも見過ごせなく、それがキッカケで交流が生まれて、調子に乗って下手なラクガキをアイコンにしろやと押し付けるクランの横暴さ加減にも咎めなくにこにこ対応してくれる聖人の一人。


なんだか最近穏やかじゃない様相ですが、まだ若いし負債もおってないし、全然セーフティだと思うので静観をしておりますが、見てます(ネットストカー再び)


ステイタス的には私の方が断然ヤバいので、悲観し過ぎずに前へと進んでいって欲しい次第なのです。。

いちごさん

界隈で知り合った年齢不詳の才女。


積極的にキャスを開いては悩める子羊を救済に導く界隈のアイドル的存在(だと勝手に認識)


野球が好きらしいが、クランは殆ど観戦を行わないので話題に乏しい。


普通に話しているだけなのに「褒めるのうまいですね」とか言ってくれるので、間違いなく聖人の一人だと認定必至です。。。

アキヒトさん

八の断罪と二十七の正義をその身に宿す、グランドランドサガ共和国中央調査隊最強の戦士。



触れる物全てを塵芥に帰す“チマガツヒノヤイバ”と、防御する度に硬質化し同等の衝撃を相手にそのまま跳ね返す“ゼノンプレート”による完璧な攻守一体の装備が生み出す戦闘スタイルは、4年前に勃発した災妖大戦においても【黒き閃光】の異名と共に今でも悪夢的語り草となっている。



仇敵であるダークネス山田をあと一歩のところで取り逃がした事を悔いており、新たな悲劇を繰り返させない為にも、身をやつして日夜鍛錬に勤しんでいる。



現在はカルナック鳥諸島にて澱みの黄王-デッドディスターブドイエローキング-の軍勢と交戦中。14週間にもわたる激戦を制するのは果たして・・・・・・?









・・・・・・っていうのは冗談でして、ブログを通していつの間にか仲良くなっていた気の良いお兄ちゃん的存在です(何故無駄に嘘設定を捏造したのか


恐らくクランの書く小説を一番評価してくれている読者様であり、かつ素敵なイラストを提供してくれる専任絵師様的な立ち位置におられます。


必要以上に遅筆な私に日夜殺意を覚えておられるのでしょうが、頑張って続きを書いてちゃんと完結させるので、またご飯に誘って欲しいのです。。。

タコスカさん

はてなブログ繋がりの聖人の一人。


オタク向けホビーブログと銘打ちながらも、毎日休まず欠かさず馬車馬の様にボリューミーな記事を連綿とアップし続ける、紛うことなき中堅ブロガー様です。


一時期爆発的に当ブログの読者様数が増加した際、読者様のブログを拝見している際にハンターハンターの記事に釘付けになってしまい、なんやかんやで交流が生まれたのは僥倖と言えましょう。。


一貫して極力プライベートを出さないスタイルをとられておりますが、それでもいつの日か居酒屋へとお供したいというのが密かな目標です。。

hiroponさん

はてなブログ繋がりの聖人の一人。


直徹的な交流は微々たるものながら、いつもスターを投げてくれる真摯な姿勢に、クランは思わず脊髄が損傷しそうです(文末破綻)


こちらの方のブログもまぁ更新頻度が高く、特筆すべきは終わりのあたりにその日のテンションが1~5間で数字表記される点でしょうか。


5がディモールト(とても良い)に該当するらしいのですが、記憶する限り1回くらいしか目にしたことがないので、来年度はたくさん5が来るように願っておりますのです。。。

はつねさん

はてなブログ繋がりの聖人の一人。


豪雪吹きすさぶ雪国にてひたむきにミニマルに准ずる彼女は、こんな屑の掃き溜めみたいなブログのコメント欄に暖かい励ましの意を記してくれた所から交流が始まりました。


ファッションの専門用語をいつも勉強させていただいているのは勿論のこと、断捨離に徹するスピリチュアルな精神には目を見張るものがあります。。


関西に来られる事があれば、日給4万円くらいで是非クランの汚部屋を駆逐していただきたいのです。。。

おおまめさん

はてなブログ繋がりの聖人の一人。


大御所ブロガーの名を欲しいままにする彼女は、彩り豊かなランチの調理方法を分かりやすく紹介する記事が主体であります。


フォロワー数も読者数も文字通り桁違いにもかかわらず、稀にクランに構っていただけるのでありがたい限りですね。。


あとここだけの話、SNSのフォローボタンを押すのに2週間くらい悩みました(ブロックされたらどうしようという怯えにより)

ヒダマルさん

はてなブログ繋がりの聖人の一人。


創作者でありながらも他の作品をよりよいものに導く【小説アドバイザー】を生業とする猛者(だと自他共に認知)


本来対価を払わなければ受けることすら不可能な指導を無銭にて享受しているgmkz野郎のクランに対しても、温和に接してくれる点は感謝の至りであるのです。


あと最近ご尊顔を拝見したのですが、蓋を開ければ侍スタイルのただのイケメンさんでした。どうして私の周りは美男美女が多いのかコレガワカラナイ。。。

アケミさん

はてなブログ繋がりの聖人の一人。


アットマーク以下は勿論のこと、エキセントリックでトリッキーな文体が他を惹きつけて止まない魅力の持ち主であります。。


少女ゲームが趣味らしく、同ジャンルであれば「戦国ランス」とか「ゴアスクリーミングショウ」ぐらいしかやったことの無いクランは、色々教えていただきたい気持ちがありながらも絡みにいけていない状況です。。


あと、ブクマをもらうと「よっしゃ!」って一人で言ってます(何の報告だ)

溶ける寸前の雪だるまさん

SNSフォロワー様の一人。


おぼろげながら、メガテン系の内容でやりとりを数回したことがあった(と勝手に認識)


以来、創作関係以外でもいいねを押してくれる聖人であり、且つ日々毎日黙々と小説を更新し続けている勇者に他ならない存在。


溶ける寸前と言いつつも一向に溶ける気配が無いので、RPGのラスボスよろしく形態変化をあと数個残しているかもしれません。。。

終わりに

さて、ざっと書いて見返してみたのですが、



まぁまぁディスってる内容多くね?(爆)



・・・・・・いやいや、気のせい気のせい。


悪意あって書いている訳じゃないんだし、笑って許してくれるに決まってますってば(考えの甘い自己判断)


※不快に感じられた方がいらっしゃいましたら、即刻削除するのでお伝えください。


あと、本当はもう8人ぐらいエントリーがあったんですが、諸事情により開示は見合わせることにしました(お前なんかに紹介されたくねぇよという罵声に対する怯え)


それでまぁひっくるめてなんですが、いつもクランと仲良くしてくれてありがとうございますです。。


来年もどうぞよしなに、宜しくお願いいたします!!


本日もお時間をいただき、ありがとうございました。




ギャンブル依存症ランキング


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村