雑魚リーマンがギャンブル依存症を克服する為のブログ

ギャンブル依存症・安月給ザコリーマンが健常者へと歩む行動記録

依存症が依存症同士でオフ会をしてきた話

ゴルフしないこともあってアルバトロスをいつもアルバトリオンと混同してしまうハンター気質抜群な、宮園クランです。



f:id:miyazono-9ran:20190501101210p:plain




タイトルのままにめにめにまにまに。それではご覧ください。


開催に至る経緯とか

そもそもがもともと目下真っ只中のGWという名の大型連休にパチ屋に行かない名目で、且つ友達と遊ぶ=打ちに行くの図式が成り立っていた私にとって10連休を一人で過ごすのは兎よりもキツいとの事で、フォロワー様を半ば無理やり関西に来させたのが大枠です。





金ないからね。遠征できないからね。仕方ないね。





当初はサシで会う感じでしたが、なんやかんやで一人増え二人増え私を含め4人で集まることになりました。





多人数でのアレは、前回はお誘いを受けて行ったものの、こと今回においてはクランが主体となっての開催でした。




当日何をしてきたか

昼過ぎに一人目と会う→夕方前に二人目が合流→夕方に3人目が合流→依存症にとっての聖地とも言える居酒屋に突撃→リーズナブルにお腹いっぱい食べる→終電ギリギリまで別の場所で暴れ倒す→帰宅、という流れ。





あいもかわらず、一人目と待ち合わせをする際、直前までビビっており、なんか終始敬語が多かった気が。慣れないんすよこればっかしは。酒が入っても同様です。





3人目がムードメーカーと言うか凄く気がキく良い方だったので、だいぶ助けられました。4人目に関しては仕事終わりで且つ翌日が仕事にもかかわらず直行で来ていただきました。ありがたい話ですね本当に。





夕方6時前という早い時間帯に居酒屋に入ったこともあり、3時間もすると別の事をしたくなります。そんなに年齢が離れていないとはいえ、一応最年長という特権を行使し、鶴の一声で2次会と称しそのまま別の場所へ。電車の兼ね合いで2時間ほどしか居れませんでしたが、高校生時分の自分を思い出すくらいはっちゃけました。肩と首と喉がめっちゃ痛いです。





でも、立ちながら部屋の真ん中で歌うって、超気持ち良いからおススメ。。。




終わりに

集まった4人は私を含め重度・軽度のギャンブル依存症





普通、そんな奴らが一同に付そうものならレバー叩きに行こうぜってなりかねませんが、大丈夫でした。





皆が皆、ギャンブルの怖さを知っており、自発的に辞めようとしているからです(現在進行形で)





初対面も初対面、知り合って全然日が浅くとも、互いに繋がりが合ったならば、充分抑止力になると身を持って思い知りました。





これからも仲良くしていければいいなぁ。。





本日もお時間をいただき、ありがとうございました。




ギャンブル依存症ランキング


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村