雑魚リーマンがギャンブル依存症を克服する為のブログ

ギャンブル依存症・安月給ザコリーマンが健常者へと歩む行動記録

雑魚リーマンが実証する近頃の生活習慣改善について

あーせっとくしたいせっとくしたいだれかれかまわずせっとくしたい、宮園クランです。




f:id:miyazono-9ran:20190416100811p:plain




日記のようで日記でない、情報発信がしたかった前提での記事となります。それではご覧ください。


変容した概要

土日を除く平日がそうなのですが、大抵24時くらいに眠り、そして朝6時に目が覚めます





寒ければ布団から出ないことも往々にしてございます。ですが、早寝早起きというのは実行するに辺り改めて素晴らしいです。夜更かししない分、寝起きがすっきりしております。それでもって早起きしたことで時間に余裕があるので、急いで会社へ向かう準備をする必要はないし、ゆっくりしながら向かったとしても始業40分前くらいには事務所に到着します(以前なら10分前ぎりぎりが多かった)





現状に至った原因としては、下記が考えられます。




①間食を殆どしなくなった

毎日夕食後ポテチ一袋を食べておりました。

おススメはコンソメ味です。





金欠が過ぎて嗜好品の一種であるコイツをあまり購入しなくなりました。



②残業時間が減った

今年からの新チームの部門長は、無駄を極力嫌い残業を推奨しておりません





どうしてもやるべき仕事があったり、やむなく足が出てしまった際のみ残業なので、例年に比べて早い段階で退社出来るパターンが多くなりました。なので必然的に帰宅してからの自由時間が確保でき、満足して寝てしまいます。




③ギャンブルから離れている

これも大きいです。平日だろうが休日だろうが、基本的には閉店時間まで打ち抜くスタイルもあって、必ず帰宅時間が遅くなる→夜更かしをする→寝不足になるの負のスパイラルを体現しておりました。





あと、勝とうが負けようが脳内麻薬がどっぱどぱでてしまうので、眠くなくなるのです(経験者は語る)




メリットあるいはベネフィット

前述の通り、自由時間が多く確保できます。





加えて、これはテストに出るので覚えておいていただきたいのですが、


規則的な生活は日常に活力を生みます





余裕が出てくるまでとは流石に言いすぎですが、何かと気分が良いのです。メリハリがつくというかなんというか、まぁ騙されたと思って早寝早起きをしてみても損は無いと思います。




だけど涙が出ちゃう

金が無くそうせざるを得ない。






悲しき二律背反です。夜中起きていると先々を考え不安でDESTROYしそうになるのです。だから早く寝るっていうのも正直な所あります。。

終わりに

時間は平等です。





ギャンブルに依存してきた私は今まで膨大な時間と金銭をそれに費やしてきました。





取り返そうとやっきにならず、健全な状態へ回復する為に精進します。。





本日もお時間をいただき、ありがとうございました。




ギャンブル依存症ランキング


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村