雑魚リーマンがギャンブル依存症を克服する為のブログ

ギャンブル依存症・安月給ザコリーマンが健常者へと歩む行動記録

雑魚リーマンが省みる日々の業務内容について

あと12時間後には会社で始業開始か嫌だなぁな、宮園クランです。





私は普段会社で声に出して不満をあげたり暴れたりしないチキンハートの持ち主である為、大体ブログがツイッターにそれらを吐き出すわけなのですが、それを抜いて自分の日々の業務内容について振り返ってみると、至らぬ点が山のフドウほどある事に気がついたので今日は其れを記します。






普段の業務内容と自らの評価について


3月に入ってからは緊急体制という名の無茶振りの所為で殆ど外出が出来ない(上司に別途許可がいる)状態ではありますが、一応外回り営業の立場上、お客様の所へ直接出向いて商談を行う事がメインとなります。





大体1日に2~3件、多いときで5件ほどです。全部が全部近隣に密集していない無い事も有り、電車やバスやタクシーを使って移動します。





移動中は寝ているかスマホを触っているかしているので、はっきり言って生産性は悪いです。商談と商談の間が長ければ喫茶店で時間をつぶす事も往々にしてありますし、よっぽど緊急で対応しなければならない事項以外は、自ら積極的に取り組まない雑魚リーマンたるゆえんです。





あと、これは本当に大反省するべき点の一つなのですが、どうにも上司の無能さを棚上げして、真面目に業務に取り組んでいない自分がいます





インセンティブもなく、上期営業目標を達成したにもかかわらず賞与は雀の涙程しか増えず、業界が斜陽で今後縮小していく事業な事を理由に、ちゃんと働いていないのです。





終日社内業務の際は余裕でネットサーフィンやらブログ更新やらしてますし、昔は出張の際商談を鬼のような速さで切り上げて5時間くらいパチスロ打ってたこともあります(クズの見本市)





この1年以内に転職することは自分の中で決定事項にあるのですが、今までのようなぬるい環境と腐りきった思考では、到底次の職場でうまくやって行ける訳がございません。リハビリでもなんでもないのですが、そのあたりを考慮しつつ最近は仕事に向き合おうと考えております(しっかりと実行出来ているとは言っていない)




終わりに


タレントの三輪明宏さん曰く、『お給料というのは我慢料』だそうです。




ストレスゼロの仕事なんて、きっとこの世には無いのでしょう。生きるためには嫌だったり辛かったり苦しかったりだるかったり面倒だったりする事象は避けて通れないのです。




見えない振りして避け続けていれば、精神的にはきっと楽なのでしょうけど、年老いて何も持っていない自分に絶望した時、どんな気持ちになるのかは考、きっと考えるまでもないですよね。。




遠い未来、ギャンブル依存症を回復状態にしたクランは、いったい何を目指して生きていくのでしょうか?現在目下、模索中です。。。。




本日もお時間をいただき、ありがとうございました。





ギャンブル依存症ランキング


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村