雑魚リーマンがなんやかんやで小説家になるまでのブログ

凡そ社会的地位の無い30代男性が小説家を目指す為のブログ

ほぼノンフィクション

滅紫の彼女【後編】

【前回までのあらすじ】 ・マッチングアプリで女性と知り合い、実際に会った後、流れで彼女の家に行く事になった。 www.miyazono-9ran.work www.miyazono-9ran.work 前編と、それに中編とを挟んで、いさかか引っ張りすぎた感が否めないので、もうここはある…

滅紫の彼女【中編】

【前回までのあらすじ】 ・マッチングアプリで女性と知り合い、実際に会うことになった。 www.miyazono-9ran.work 地下鉄四条駅から地上に出て北へ、暫くしてから見えてくる蛸薬師通りを東へ折れて少しすると、ビアガーデンと居酒屋を足して2で割ったような…

滅紫の彼女【前編】

残すところあと半年もすれば32歳になってしまう、加えてもう10年近く彼女がいない事を危惧してか、焦った僕は停滞する実情に一石を投じて波紋を起こす為の計画を、ついに実行するに至った。 巷で流行の、いわゆるマッチングアプリである。 学生自分、ゆきず…

メロンソーダの味は苦い【後編】

前置きというか、前回までのあらすじ。 身の丈に合わない、身の程を弁えない、そんな退廃的な行為に臨もうと、僕は10円ゲームを商いとする店へと足を踏み入れたのだった。 www.miyazono-9ran.work そもそも10円ゲームは何かと言うと(これは当時の僕には這入…

メロンソーダの味は苦い【前編】

二十年近く昔のことになって恐縮なのだが、誰も彼もがそうであったように、僕もその頃はもれなく子供だった。 精神的にと問われたならば、胸を張って首肯できないにせよ、肉体的には小学5年生のそれだったと思う。 11月の初旬だったと記憶している過去の午後…

Slash Happy OutsidereS

自慢じゃないが、僕は生まれてこの方一度も【幽霊】やら【妖怪】やら、そんな類の異能というか怪異に遭遇した経験が皆無である。 誰かが言った。「心が汚れているものには〝見え〟ないし〝感じ〟れない」と。 その言葉通りに、成人していく過程の中でギャン…

だからもう僕は二度とキャバクラへ行かない。

蝉の鳴き声がかすかに聴こえて来るものの、少し肌寒くなってきた初秋の夕方、たまたま早く仕事が終わった僕はNに電話を掛ける。 「早く仕事終わったしスロ行かねぇ?」 「奇遇やな俺もやわ。難波でえぇか」 おkと返事をし、関西圏有数の繁華街で落ち合う。…